ブログヘッダー

海の京都コンセプトツアー

京丹後市コンセプトツアー「悠久の時が奏でる神の箱庭」の旅

11180608_869349939808916_1209535210455274754_n

11693829_869350453142198_3114795209478090752_n いよいよ「海の京都博」(7月18日~11月15日)が迫ってきました。
この期間に海の京都観光圏7市町のコンセプトツアーが実施されますが京丹後市では表題のツアーを7月26日(日)~10月25日(日)の間、毎週日曜日(9月21日(月)は特別に開催)の15回実施することとし、参加申込を受けています。

今回のツアーは、久美浜~夕日ヶ浦を範囲として、「悠久の時が奏でる神の箱庭」をコンセプトにガイド付きで「神谷太刀宮」「豪商稲葉本家」「久美浜湾遊覧」「湊宮」「蛭児神社」「夕日ヶ浦」を回り、「神の箱庭」の原風景に触れていただき、日本人の源流といえる「和の心」が息づく、穏やかな空気の中で忙しい日常を離れ、ゆったりと心を解放することができる旅です。

是非 ご家族やご友人などとご一緒に記念すべきコンセプトツアーにご参加下さい。

詳しい情報は、 http://www.uminokyoto.jp
(海の京都博で検索し、コンセプトツアーのところをご覧ください)

また、お問合せ、お申し込みは、一般社団法人 京丹後市観光協会(0772-62-6300)にご連絡下さい。別添申込書にてFAXでもお申込み頂けます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

海開き・夕日ヶ浦浜詰海岸

image本日7月1日

夕日ヶ浦海岸・浜詰ビーチも海開きでした!

 

ああいにくのお天気でしたが、

海のすぐ側で

安全を祈祷していただき今年も無事に海開きをする事が出来ました!

海の京都での大イベントにハマ1グランプリなどあつ〜い夏になりますよ!

楽しみです!

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

夕日ヶ浦海岸・浜詰の志布比神社でお宮参り♪

こんにちは。

随分ごぶさたの若女将こゆみです。

先月無事に第三子を出産いたしました~♪

1ヶ月たったので早速、お宮参りに行ってきました!

 浜乃屋別館から

 もう少し奥に進み夕日港(漁港)までに

 浜詰の神社があります。

   

 

 

      神主さんに

   『元気にすくすく育ちますように』と

   御祈祷いただきました♪

   すやすや良い子でお参りできました。

   

   お下がり物をいただきました。

   まあ!!

   デンデン太鼓!!にしゃんしゃんこ

   今の時代に何だか癒されます・・・。

  

 

 上の2人のお姉ちゃんたち。 あかちゃんが可愛くてカワイくって、

 赤ちゃんが眠たくて泣いても耳元で 『デンデン太鼓』   寝られないって(笑)

 長女は寝言でまで

 『zzzzzz●●(ベビーの名前)zzzzzzz●●かわいいzzzz』 とメロメロです♪

 

 ボチボチとしかブログもお仕事も復帰出来ませんが

 (今も抱っこしながら片手で打ち込んでいるので進まない・・・)

 色々アップしますのでよろしくおねがいしま~す。

 

   丹後 夕日ケ浦 浜詰 カニとふぐの宿   浜乃屋 0772-74-1118

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

夏の思い出に…~丹後・夕日ケ浦・浜詰海岸~

おはようございます。若女将のこゆみです。

今朝、パートのお姉さんが持ってきてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身は既にお姉さんのお腹の中(笑)ですが、

数は沢山ありませんが、とっても綺麗な貝がらですので

夏の思いにお1つどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと晴天が続いているので例年にない海水の透明度に

リピーターのお客様も今年は『すっごいキレイ!!』とお声を頂いています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7~8kmも続くロングビーチなので込み合うことなく

ゆっくりのんびり海水浴を満喫していただいています♪

お盆明けでもまだまだ泳げそうですよ!!

 

   京都・丹後・夕日ケ浦・浜詰ビーチ

     旅館 浜乃屋  0772-74-1118

      ブログランキング参加しています。

     ポチっとしていただけると女将がはしゃぎます♪(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

夏祭り・花火大会のご案内 その④

8/15(水)夕日ヶ浦納涼花火大会

こんにちは。浜乃屋若女将のこゆみです。

今日はここ、浜詰海岸の花火大会をご案内いたします。

毎年8月15日に、京丹後市網野町浜詰海岸にて「夕日ヶ浦納涼花火大会」が行われます。

地元の盆踊り大会も開催され、多くの地元住民や観光客で賑わいます。

美しい夕陽が自慢の浜で、夕陽と花火を満喫されてはいかがでしょうか。

 

 日時 : 平成24年8月15日(水) ・花火 19:30~

場所 : 網野町・浜詰海水浴場周辺

アクセス : KTR木津温泉駅より徒歩約20分

       別館より徒歩数秒・本館より徒歩2分

お問い合わせ : 夕日ヶ浦・木津観光協会 0772-74-9350

 

   盆踊りと花火が上がる小さなお祭りなんですが

最後に海に ナイアガラ と言って滝のように花火が左右に広がり

とっても綺麗です!!

と、言ってもお仕事で海までは見に行けないのですが

本館の玄関から毎年唯一花火を楽しめるんです♪

もちろん、お客様は海まで行って見ていただく方が沢山見られますので

おススメです!!

 

  ちなみに浜乃屋 まだ予約が間に合いますのでお問い合わせ下さいね♪

 

   京都府 京丹後市 夕日ヶ浦温泉 浜詰ビーチ

      旅館 浜乃屋 0772-74-1118

 

  ブログランキング ポチッとしていただけると女将の機嫌が良くなります♪(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

夏祭り・花火大会のご案内 その②

7/30(月)浅茂川水無月祭

こんにちは。浜乃屋若女将のこゆみです。

今日はお隣の海水浴場『八丁浜海水浴場』でのお祭りをご案内します♪

昼は御輿巡行や浦島と乙姫の亀みこし、ちりめん小唄おどり。

夜は1200発の花火大会と、昼から夜まで楽しめるお祭りです。

 

 中でも、海の上で御輿を担ぐ『海上渡御』は担ぎ手の勇ましい掛け声が響き渡ります。

花火は20:30から。

 

開催日:平成24年7月30日(月) 開催場所:網野町・浅茂川地区、八丁浜海水浴場周辺  KTR網野駅から車で10分 お問い合せ先 : 水無月祭典委員会(浅茂川区)TEL0772ー72-0009

 

    浜詰から八丁浜海水浴場まで約15分ほどです。

毎年、仕事が終わってから急いで駆けつけるのですが間に合わず・・・・・。

運が良いとちょっぴり花火に間に合ったり♪

音だけは別館にいると聞こえたりするんですが(笑)

あ。ちなみに浜乃屋 空室ございます(照)

 

     京都府 京丹後市 夕日ヶ浦温泉 浜詰海岸

         旅館 浜乃屋 0772-74-1118

 

  ブログランキング ポチッとしていただけると喜びます♪

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

京丹後ちりめん祭(^^)

2012年4月8日(日)

日本一の絹織物産地で開催される、「丹後ちりめん」や「きもの」の魅力を体感できるイベント。一番のみどころは、業界関係者やきもの愛好家による「きもの大パレード」。和装産地ならではの光景は見る人は感動を覚える。なお、一般参加もできる。きものの無料レンタル・着付け・フォトサービスも大人気。地元伝統芸能などのステージも充実。その他にご当地グルメを堪能できる屋台村など、誰でも一日楽しめる内容となっている。

 

 

 

 

 

 

当館より、お車で10分ぐらいの所で開催されますので、

浜乃屋へご宿泊頂きのんびり露天風呂に入って♪翌朝ゆっくりお祭を満喫されては

如何でしょうか(^^)

詳しくは、京丹後市役所商工観光部商工振興課 0772-69-0440 へお問い合わせ下さいね♪

 

    京丹後市 夕日ヶ浦温泉  カニとふぐの宿

        浜乃屋  0772-74-1118

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

夕日ヶ浦海岸(京丹後市網野町)

夕日ヶ浦海岸(京丹後市網野町)浜詰・夕日ヶ浦海岸は白砂青松の浜が久美浜・小天橋まで8㎞に渡って続いています。遠浅の地形で岩場もあり海水浴・魚釣りなどが楽しめます。夕日が水平線に沈むサンセットビーチとしても有名で、日本夕日百選にも選ばれ、ダイナミックなパノラマを求めてカメラマン達も多く訪れます。 にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

外湯 花ゆうみ(京丹後市網野町)

外湯 花ゆうみ(京丹後市網野町)夕日ヶ浦温泉外湯「花ゆうみ」は良質な天然温泉「美人の湯」の広々とした庭園風呂、男女共に滝の見える露天風呂(岩風呂・寝湯)、サウナ、泡風呂を備えています。
オフィシャルサイトへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

琴引海岸(京丹後市網野町)

琴引海岸(京丹後市網野町)全長1.8kmの琴引海岸(琴引浜)の砂は「鳴き砂」と呼ばれ、足をするようにして歩くと『キュッキュッ』という音がする事からその名がつけられました。浜の一部には踏めば『ドンドン』と太鼓の音の様に鳴る場所もあり独特な風情が楽しめます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ

ツイート